So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
箱根・湯河原・伊豆編 ブログトップ

福住楼 in 箱根 [箱根・湯河原・伊豆編]

お久しぶりです(^_^;)
体調は戻ったにもかかわらず、さぼり癖がついてしまって危うくブログが閉鎖されるところでした(笑)
しかもこれは一応猫ブログだったはずなのに、名前だけで旅行&グルメブログへと変貌していっているのではないかという話もありますが(^^ゞ
そこのところはあまり気にせずいっちゃいましょう!←やっぱり適当だよ(-_-;
まあ、気を取り直して・・・

福住楼.jpg
福住楼2.jpg

先日、箱根の福住楼に行ってきました。
ここは福沢諭吉をはじめ川端康成、芥川龍之介などの数々の文芸人に愛されてきた宿です。
自然も豊かで、まるで昔にタイムスリップしてしまったかのような錯覚を覚えます。
ただ建物も昔からのものなので、内側からしか部屋に鍵をかけられないという(^^ゞ
高価なものは持っていかない方が賢明です。

福住楼3.jpg

家族風呂。空いていれば自由に使えます。

福住楼4.jpg

岩風呂。女性は14時~19時まで。
写真だと小さく見えますが、実際はそれなりに大きいですよ。

福住楼5.jpg

大丸風呂。女性は19時~翌朝9時半まで。
男性はその逆の時間帯で使えます。
この丸風呂が私は一番気に入りました。

福住楼6.jpg

湯船に入ったとき、一番いい景色を眺められるように設計されているそうです。
ここは源泉かけ流しの名湯で、お湯が本当にやわらかく最高です。
でもシャワーの設備が岩風呂のほうにしかないため、女性には余り人気がないのかもしれませんね~。
そのためか、入ったときはいつも私一人の貸切風呂状態で余計に気に入ってしまいました(笑)
だから貸切風呂じゃないのに写真が撮れるんですね(笑)

福住楼7.jpg

小丸風呂。女性の使用時間は大丸風呂と同じ。
写真だとよく分かりませんが、大きさが小さくなります。
ここもいついっても貸しきり状態でした。
(ちなみに土日に泊まったのですが空いていたという)

福住楼8.jpg

大広間は小田急のロマンスカーのCMでも使われた場所です。
7月からしばらくの間、窓を開け放して自然を感じることが出来ます。

福住楼9.jpg

反対側もこんな素敵な中庭になっています。

ここは名湯を扱う温泉の本でしょっちゅう紹介されているようで、そういった本がたくさん置いてありました。
今回それを読んでびっくりしたのは、循環している温泉は体にいいどころか悪いということです。
飲み水などは皆さん気をつけるようになりましたが、体から吸収される方が口から吸収するより4~100倍多いという結果がアメリカの学者から発表されたとか。
そう、つまり悪いものも4~100倍吸収してしまうということなんですね。
ちなみに循環の湯は水道水より遥かに消毒されるため、もしそういった温泉に入ったときは必ずシャワーできれいに流してからあがった方がいいそうです。
これを読んでいたら、いくら評判がいい宿でも源泉かけ流しではないところには行きたくないと思ってしまいました(^_^;)
今まで知らずに入っていたよ~[がく~(落胆した顔)]

この宿はお食事も今まで行った温泉宿の中では一番美味しかったのですが、長くなるのでまた次回に。

*福住楼→HP

一応猫ブログらしく最後にミリィーにも登場してもらいますか!

ミリィー.jpg

毎日一生懸命?寝ているものね(笑)

ミリィー2.jpg

本当にとってつけたような出演だったな(爆)

今回カテゴリーを「箱根・湯河原編」から「箱根・湯河原・伊豆編」に変えました。
来月は伊豆の温泉に行く予定なので(^_^;)
そのため、新しいカテゴリーに変えるRSSがちょっと飛んでしまうと思いますがお許しください。

 

★記事更新の励みになるので応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ   人気ブログランキングへ ポチッとねただいま、二つのランキングに参加中です。
ポチはそれぞれ一日一回有効です。

いつも応援してくださっている方、ありがとうございます!

nice!(116)  コメント(93) 
共通テーマ:ペット
箱根・湯河原・伊豆編 ブログトップ
御用の方は、こちらからお問い合わせください。
Powered by SHINOBI.JP

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。